メインイメージ

普通でいいと思う使う側は

機械のデザインが洗練するのは素晴らしいことですが、使う側にとっては実用的で普通のデザインのほうが良いと思う場合もあります。デザイン性を重視しすぎることによって、機能性が失われてしまうこともあります。設計する人と実際に使わ側では感じ方が全く違うこともあります。完璧な美を追求する設計者であれば、普通のデザインでは納得しないものです。しかし、使う側は究極に完璧なデザインを求めているとは限りません。 普通に使えさえすれば、デザイン性など関係ないと思う人もいるため、デザイン設計は難しいものです。大抵の場合は多くの人に対して無難に支持してもらえるようなデザインで設計されます。奇抜なデザインで設計されることも稀にあるため、世間で賛否両論となる場合があります。それでも、機械にはある程度の意匠性は必要なのも確かです。無味乾燥なデザインで作ってしまえば、すぐに飽きられてしまう恐れもあります。曲線を多用して、親しみやすい造形とすることにも意味があります。