メインイメージ

なめらかなデザインに

なめらかな曲線を取り入れたデザインは、機械に機能性と装飾性を与えることができます。形が角ばっている場合には、触れたときに危険な場合もあります。角の部分になめらかな曲線をつければ、親しみ深い見た目となります。なめらかな見た目となれば子供からお年寄りまで使いやすいものとなり、インテリアとしても使えるだけの機能を持たせることができます。 機械には実用的な機能があることが重要となりますが、デザイン性能もしっかりとしていなければ売れないものです。機械の中枢部を設計する人がいれば、デザインを専門にして設計する人もいます。分野が違う技術者が協力しあうことで、ヒット商品が生み出されてきた歴史があります。なめらかな曲線を取り入れることは、アールヌーボー調の意匠設計に通じるものです。直線的な意匠設計が多用されるようになると、なめらかさが失われてしまうことに気づいた人が少なくありません。曲線の美しさは未来永劫ですから、現代でも好まれています。