メインイメージ

アニメの世界がリアルになる

近頃の機械製品というのは、デザイン、機能共に昔はアニメや映画の中にしか存在しなかった様な、近未来的な設計になっています。例えば、自動車が盛んなこの国ですが、人がハンドルを操作しなくても運転が可能なシステムが、実験段階ではありますが、実現されています。また、人や物などの障害物にぶつかりそうになれば、自動でブレーキが掛かり、停止するという装置も開発されています。他にも、電気自動車や実用化は進んでいませんが、水素で走る自動車も開発されています。機械製品におきましては、3Dプリンターなどが開発されました一般的なプリンターと言えば、パソコンなどに入力した文書や元あった紙媒体の文書を複製するコピー機があります。しかしこの3Dプリンターは、物体を読み込ませる事により、物体をコピーしてリアルに作りだす事が出来ます。簡単に説明すれば、形が同じ人形を作れるという事になります。この様に、昔はアニメや映画の世界のものだった機能が、実用化されてきています。今後もよりアニメの世界がリアルに近づいていく事でしょう。