メインイメージ

ゴツゴツしたデザインは

ゴツゴツしたデザインはなんとなく見た目もあまり良いとは言えない事や、怪我をするリスクの事を考えるとそこで考え出される機械のデザインが洗練する物とは、やはり滑らかなボディーの機器となっていきます。昔の機械や器具などはこうしたゴツゴツしたデザインのものばかりでしたが、これは機能性の事ばかり考える事が問題であり、全く安全性に関してやその場所にあった使いやすさなどを重視したものではありませんでした。 ゴツゴツしたフォルムのものについては、色々な所で考えなければいけない事も多い様ですが、まずはシンプルな流線型のものを採用する事などが特に考えられだした事は最近の流れであり、自動車も昔は角ばったボディーのものが多かったものが最近では流線型の丸っこいボディーのものが増えて来た事からも、ゴツゴツとしたフォルムを活用する事での状況を考えてみると、そこで作られて来た物が歴史や経験を得てこうしたボディーに変わってきた状況となります。 ゴツゴツした中では、色々と動きなどもやはり硬くなっていくイメージもあり、スムーズな滑らかな動きには難しい状況となります。しかし現代の流線型のフォルムであれば、機械や機器のレベルアップが行われた事はもちろんプラスの働きとなりますが、そこでシンプルな素晴らしい動きを見せてくれる事となれば、活用する人の状況からもそこでの機械や機器は経験を生かした素晴らしい商品だと感じます。 ゴツゴツしていたこれまでのものも、歴史を振り返る時にはとても大切な事であり、この経験があったお陰で現代の素晴らしいデザインの商品が沢山出来ている事にもつながります。これは自動車にも同じ事が言えて、空気抵抗の少ない流線型のボディーであれば、燃費性能が伸びて来る事も研究の結果から分かっていて、そこで作り上げられたボディーなどはやはりゴツゴツしていた頃とは大きな変化がもたらされた状況となっていて、時代の流れを感じます。

男の心をくすぐったのは

男の心をくすぐるようなデザインが機械に取り入れられることで ・・続きはサブMenu